記事の紹介

この記事ではPython3で使われてる数値に対して扱います。

整数の範囲

Pythonには、整数(5や1,000,000,000などの小数点以下がない数値)と浮動小数点数 (3.14159, 14.99, 1.86e4など)のサポートが組み込まれています。算術演算子(四則演算)を使えば、数字の間で計算をすることができます。

整数

Pythonの数字の並びは、リテラルの整数とみなされます。

ただのゼロ(0)も使えます。

しかし、ほかの数字の前にゼロをおいてはなりません 。

これは、初めて見るPythonの例外(プログラムエラー)です。これに対しては後で説明します。

数字の並びは、正の整数を指定します。数字の前に+をついかしても、変わりはありません。

負の整数を指定するには、数字の前に- 記号を挿入します。

前ページでまとめた演算子を使えば、電卓を使うときとまったく同じようにして、Pythonでも通常の算術計算をすることができます。

除算は、ふたつのバージョンがあるので少し面白くなります。

  • /は、浮動小数点(10進)除算を行う。
  • //は、整数(切り捨て)除算する 。

整数を整数で割るときでも、/を使うと、結果は浮動小数点で返されます。

切り捨ての整数除算は整数の結果をえして、小数点以下は切り捨てます。

どちらの除算でも、ゼロで割ろうとすると、Python例外がおきます。

型の変換

Pythonの整数以外のデータ型を整数に変換するには、int()関数を使います。この関数は、整数部だけを残し、小数部を切り捨てます。Pythonでもっとも単純なデータ型はブール値で、値はTrue(真)とFalse(偽)しかありません。整数に変換すると、これらはそれぞれ1と0になります。

浮動小数点を整数に変換すると、小数点以下の部分が単純に切り捨てられる。

最後に、数字と+, – 符号だけで作られた文字列(文字列についてはすぐ後で詳しく取り上げる)を変換する例を見てみましょう。

しかし、数字ではないものを変換しようとすると、例外が起きます。

浮動小数点

整数は小数点以下がない数値だが、浮動小数点数(Pythonではfloatと呼ばれる)は、小数点以下を持ちます。

上記の型変換時にint()関数で数字を整数に変えたよう、今回はfloat()を使って数字を浮動小数点に変えてみましょう。

整数をfloatに変換すると、小数点が現れます。

入門Python3 -Pyの成分