関数の説明

join()は、split()関数とは違って複数の文字列を結合する関数です。string.join(list)という形でです。まず文字列の間に「セパレータとしてはさむ文字列」をしていしてください。その後、結合する文字列リストを指定します。そこで、改行をセパレータとしてlinesというリストを結合するには、’\n’.join(lines)のようにします。次の例でカンマとスペースを間に挟んでリストに含まれている名前を結合します。

使用例