算術演算子

この記事では算術演算子に対して扱います。

JavaScriptで使われる算術演算子

Javascriptを使うときに数字を加算「+」減算「-」乗算「*」除算「/」剰余「%」などをすることがあります。これらは各演算をするごとに「」の中の演算子を使います。今回は各演算子の使い方を見てみます。

加算「+」

加算は2つの数字型の変数を加算します。

使い方は「変数=数字+数字」と「変数+=数字」があります。
ちなみに加算される数字が1の場合”a++”もしくは”++a”と書くことも可能です。この差は後で条件式を扱う時に扱います。

var a = 1
//下の2つの式でa,b,cは結果値は2で同じです。
var b = a+1
var a += 1
var c = a++

減算「-」

減算は2つの数字型の変数を減算します。

使い方は「変数=数字-数字」と「変数-=数字」があります。
ちなみに減算される数字が1の場合”a–”もしくは”–a”と書くことも可能です。この差は後で条件式を扱う時に扱います。

var a = 1
//下の2つの式でaとbの結果値は0で同じです。
var b = a-1
var a -= 1
var c = a--

乗算「*」

減算は2つの数字型の変数を乗算します。

使い方は「変数=数字-数字」と「変数-=数字」があります。

var a = 1
//下の2つの式でaとbの結果値は2で同じです。
var b = a*2
var a *= 2

除算「/」

除算は2つの数字型の変数を除算します。

使い方は「変数=数字/数字」と「変数/=数字」があります。

var a=2
//下の2つの式でaとbの結果値は1で同じです。
var b = a/2
var a /= 2

剰余「%」

剰余は2つの数字型の変数を剰余します。

使い方は「変数=数字%数字」と「変数%=数字」があります。

var a=3
//下の2つの式でaとbの結果値は1で同じです。
var b = a%2
var a%= 2

Web開発-初めてのJavascript

プログラミングメイン