記事の紹介

この記事では比較演算子を扱います。

比較演算子

比較演算子Javascipt開発にとってもっとも重要な要素の一つです。比較演算子複数の被演算子(文字列数字、論理値、オブジェクトなど)を比較して、その結果が真であるかどうかを返します

演算子 説明
等価(==) 被演算子が同じであればtrueを返します。

var a = 3

var b = 3

 

//cにはtrueが返されます。

c = a == b

不等価(!=) 被演算子が同じではない場合trueを返します。

var a = 3

var b = 3


//cにはtrueが返されます。

c = a != b

より大きい(>) 左の被演算子が右の被演算子より大きい場合trueを返します。

var a = 4

var b = 3



//cにはtrueが返されます。

c = a>b

以上(>=)

左の被演算子が右の被演算子より大きいか等しい場合trueを返します。

(要すると”等価”と”より大きい”合わされた感じです。 )
var a = 4 var b = 3
//cにはtrueが返されます。 c = a >= b

a -=1


//dにはtrueが返されます。

d = a>=b

より小さい(<) 左の被演算子の右の被演算子より小さい場合trueを返します。

var a = 4

var b = 3



//cにはtrueが返されます。

c = a<b

以下(<=)

左の被演算子が右の被演算子より小さいか等しい場合trueを返します。

(要すると”等価”と”より小さい”合わされた感じです。 )

var a = 3

var b = 4


//cにはtrueが返されます。

c = a <= b


b -=1


//dにはtrueが返されます。

d = a<=b

Web開発-初めてのJavascript