記事の紹介

この記事では関数対して扱います。

関数とは

関数とは「引数」と呼ばれる入力値を受け取るか、「引数」を受け取らないまま、何らかの処理を行い、結果を出すのを言います。もし、結果値が欲しい時はreturn文を使って戻り値を返してもらいます

例1

var 関数名 = function(引数1, 引数2, …(ここで引数を入れない場合もあります)) {
//何らかの処理
//結果値が必要な時はreturnを使います。
} 

例2

function 関数名(引数2, 引数2, …(ここで引数を入れない場合もあります)) {
//何らかの処理
//結果値が必要な時はreturnを使います。
}

使い方

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<meta charset="utf-8">
	<script>
		var checkEvent_1 = function() {
			var v = document.getElementById("number").value;		
			window.alert("こちらは引数を使ってない関数です。入力値は"+v+"です。")
		}

		function checkEvent_2(val) {
			var v = document.getElementById("number").value;
			alert(val+v+"です。")
		}
	</script>
</head>
<body>
	<p>下に文字を入力して警告文を出してみましょう!</p>
	<p><input type="text" id="number"></p>
	<p><button onclick="checkEvent_1()">引数がない関数で値をみる</button></p>
	<p><button onclick="checkEvent_2('こちらは引数を使った関数です。入力値は')">引数がある関数で値をみる</button></p>
</body>
</html>

今回は簡単に見てみましたが、次からの記事からは関数をどんどん使って行きたいとおもいます。それを見ながらコードを真似すると自然的に使い方が習得できると思います。

Web開発-初めてのJavascript

プログラミングメイン