コンパイラ型言語(compiler language)

コンパイラ型言語とは、一度に全てのソースコードを事前にコンパイルする言語のこと。

メリット

非コンパイラ型言語に比べて実行速度も早い。

デメリット

プログラムを実行するたびにコンパイルするため、プログラムを途中から確認するのには向いてない

開発言語の例

  • C、C++、Java、C#など

インタプリタ型言語

インタプリタ型言語とは、ソースコードを一行一行コンパイルし実行する言語のこと

メリット

一行一行すぐ実行できるため、プログラムの途中から確認できる

デメリット

一回一回起動する度にコンパイルをするため、実行速度が遅い

開発言語の例

  • Python、Perl、PHP、Ruby、JavaScriptなど