記事紹介

この記事ではプロトコル(protocol)に対して扱います。

要略

コンピュータ間で情報を送受信する際の通信方法に関する規則と約束。

説明

情報機器間すなわちコンピュータ同士またはコンピューターと端末との間などでの情報交換が必要な場合は、これを円滑にするために定められた複数の通信のルールと方法の約束、すなわち、通信の規約を意味する。

通信規約とは、相互の接続や伝達方式、通信方式、送受信データの形式は、エラー検出方式、コード変換方式、伝送速度等について定めるものをいう。一般的に、機種(機種)が、他のコンピュータは、通信プロトコルも異なりますので、機種が異なるコンピュータ間で情報通信をするには、標準的なプロトコルを設定して、それぞれこれを採用して通信網を構築する必要がある。代表的な標準プロトコルの例を挙げるなら、インターネット上で使用しているTCP / IPがこれに該当する。

情報通信の相手方は、一般的に遠隔地にある。したがって情報を送信するためには、情報を電気的な信号の形に変換し、その変換された信号が通信網を介して流れるようにするために、ネットワークには、通常の信号の流れを妨害するいくつかの現象が存在することになる。このような現象は、正確な情報の送信を中断して途中でエラーが発生している原因となる。

プロトコルと呼ばれるプロトコルのセットの中には、これらのエラーに対応するための約束が非常に重要である。また、情報を正確かつ効率的に転送するためには、送受信のオブジェクト間での情報の送信時点と受信時点を合わせること(同期)を実行しなければならず、情報の流れの量を調節するフローコントロール方法もまた、事前に約束して、プロトコルの中に含まなければならない。

これらのエラー制御、同期、フロー制御、コード変換、転送速度などの約束に加えて、通信する相手の位置に基づいて、通信オブジェクトがどのOSI階層にある川崎効率的な情報伝達のための技術、情報の安全性(セキュリティ)に関する約束もプロトコルのカテゴリに含まれなければならない。