今回扱って見たい言語はTypeScriptと言うプログラミング言語の紹介です。TypeScriptは2012年に発売された割と若い言語でグーグルでも使われてるWeb開発言語です。今回は、そのTypeScriptに対して簡単な紹介をしたいと思います。

TypeScriptとは?

  • 2012年にマイクロソフトによって開発されたオープンソースプログラミング言語です。
  • 大規模で複雑なプログラミングや汎用性な用途を想定しJavascriptの弱点を改善する目的で開発されました。
  • コンパイルすることでJavaScriptのソースコードに変換されます。

TypeScriptの特徴

  • 静的な型付け
    • JavaScriptは典型的な動的型付の言語ですが、TypeScriptは正反対の特徴を持ってます。
    • 変数や引数、return値の型を予め決めて置くことで、コンパイル時にエラーを検知させる事ができます。
  • JavaScript互換
    • 例えJavaScriptに存在しない書き方や機能を使っていたとしても、基本的にコンパイラが対応してくれます。(「新しいJavaScript」と称されるのはこの為です。)
  • 開発環境が豊富
    • Microsoft Visual Studio, Visual Studio Code, Indell J IDEAなど、数多くのIDEAがTypeScriptをサポート
    • また、SublimeText3、Emacs、AtomのようなテキストエディタもTypeScriptをサポートしてます。

TypeScriptの基礎

プログラミングメイン