記事の紹介

この記事ではPythonと他のプログラミング言語と比較に対して扱います。

実世界でのPython

Pythonは1991年から発明された言語であって、人気のあるプログラミング言語トップ10にずっとランクインしています。現在は、人工知能開発にPythonプログラムが使われることによって需要が増加しています。それから、Google、YouTube、Dropbox、Netflix、Huluといった誰もが毎日使う本格的なシステムにも使われています。Pythonは生産性が高いことで評価されており、変化の激しい企業には魅力的な言語です。
Pythonは、次のような環境で使われています。

  • モニター、ターミナルウィンドウのコマンドライン
  • ウェブを含むGUI
  • ウェブのクライアント、サーバーサイドの処理
  • 有名な大規模サイトを支えるバッグエンドサーバー
  • クラウド(サードパーティーが管理するサーバー)
  • モバイルデバイス
  • 組み込みデバイス

などPythonプログラムは色んな場所で使われています。このブログでは、ウェブサイト、システム管理、データ操作なとでPythonがどの様に使われてるのかをみます。

Pythonと他言語の比較

Pythonはほかの言語と比べてどの様なものなのでしょうか?各プログラミングを比較してみましょう。CとC++はかなり低水準の言語で、スピードが最重視される時に使われます。これらの言語は他の言語よりも身につけるのが難しく、細部のさまざまな箇所に目を配らないとよくクラッシュや診断が難しい問題が引き起こされます。次は小さなCプログラムの例です。

#include <stdio.h>
int main(int argc, char *argv[]) {
	int language = 1;
	printf(“Language %d : I am C!”, language);
}

実行結果

C++もCファミリーとして似ているところがあるが、独自機能もあります。

#include <iostream>
using namespace std;
int main(void){
        int language = 2;
        cout << "Language " << language << \
        " : I am C++!"<< endl;
        return(0);
}

実行結果

JavaとC#は、C、C++の後継者であり、CやC++の問題点の一部を取り除いているが、それでもくどくどと長く、あれこれの制限があります。次のサンプルは、Javaコードです。

import java.util.*;

public class Main {
    public static void main(String[] args) throws Exception {
       int language = 3;
        System.out.format("Language %d: I am Java!",language);
    }
}

実行結果

これらの言語でプログラムを書いたことがなければ、「intとは一体何なんだ?」と思うかもしりません。一部の言語は、構文上やたらと大きな荷物を抱えてます。これらは、コンピュータのために低水準の詳細情報を指定しなければならないため、静的言語と呼ばれてます。この静的言語に対してちょっと説明します。言語は変数を持っています。変数に対しては次の記事で説明します。これら言語はなぜ静的言語と呼ばれているのだろうか、それは変数に対して変数の形を変化できないからです。それに対して動的言語(スクリプト言語とも呼ばれます)は、使う前に変数の形を宣言する必要はありません。x = 5のようなコードを入力すると、動的言語は5がしせううなので、変数xも整数なので自動的に資料型を変更します。このような言語をインタープリタと呼びます。長年に渡って、汎用動的言語と言えば、Perl(http://www.perl.org)がありました。Perlは非常に強力で、充実したライブラリを持っているが、構文がぎごちなくなることがあり、ここ数年はPythonやRubyに人気を奪われました。次のサンプルがPerlのサンプルです。

my $language = 4;
print "Language $language: I am Perl"

実行結果

Ruby(http://www.ruby-lang.org/)は、もっと新しい言語です。Perlを少し借用し、主にウェブ開発の時のフレームワークのRuby on Railsによって人気があります。RubyはPythonと同じウェブ開発で使われており、どちらを使うかは、使用者の好みに寄るものだと思います。次のサンプルがRubyの例です。

language = 5;
print "Language #{language}: I am Ruby"

実行結果

PHP(http://www.php.net/)は、主にHTMLコードと結合してウェブ開発では非常によく使われます。次がそのサンプルです。

<?php
$language = 6;
echo "Language $language: I am PHP"
?>

実行結果

そして、Pythonで同じことをすると、次のようになります。

language = 7
print("Language %s: I am Python" %language)

実行結果

入門Python3