記事の紹介

この記事では”なぜPython2ではなくPython3を使ってるのか”に対して扱います。

Python 2とPython 3比較

今あなたの前に最大の問題は、Pythonとして出回っているもので二つのバージョンがあるけどどっちを使えばいいかわからないという状況だと思います。Python2は、昔から広く普及しており、LinuxやAppleのコンピュータにプレインストールされています。Python2はすばらしい言語でしたし、今でもそうです。しかし、完璧ではありませんでした。プログラミング言語の世界でも、他の多くの分野と同様に、一部の誤りは見かけの問題であり、簡単に直せる問題もあれば、そうではないものもあります。その簡単ではない問題の修正によって、非互換性がもたされせてしまいました。新しいPythonシステム向けに書いたプログラムは、古いPythonシステムでは動作せず、昔に書いた古いプログラムは、新システムでは動作しなくなってしまいました。

Pythonの作者たちは非互換性の修正を取り入れることに決め、それを「Python 3」と呼びました。もうPython2の最後のバージョンは2.7であり、このバージョンを最後に開発は止まりました。話によりますと2020年1月を最後にPython2の開発はもう終わりらしいです。

なので、このブログはPython3に対応することにしました。Python2は過去の遺産で、もう、Python3はこれからも発展して行く未来だからです。

入門Python3