記事の紹介

この記事では対話型インタープリタの使い方に対して扱います。

記事を始める前に

この記事を見る前に、まず、Python3をインストールする必要があります。インストール方法に関してはこちらの記事を参考にしてください。

対話型インタープリタとは?

このブログのサンプルコードは、対話型インタープリタを使います。コマンドを入力して、入力したコンソール画面で結果をみるということです。

インタープリタは、目の前のコンピュータのメインPythonプログラムの名前を入力するだけで起動します。名前は、python, python3と入力してください。このブログでは、pythonというコマンドを使って話を進めて行きたいと思います。もし、Pythonと言うコマンドで実行されない場合Python3というコマンドを使ってください。対話インタープリタはPythonがファイルに記述されたプログラミングに対し動作するとほとんど同じように動作するが、一つだけ例外があります。値を持つものを入力すると、その値が表示されます。
どいうことででょう?以下の例で説明します。

この値の自動表示は、対話型インタープリタの時間節約のための機能で、Python言語のしようではありません。

なお、インタープリタ内で何かを表示したくなったときには、print()も使うことができます。

入門Python3