記事の紹介

この記事ではPycharmの使い方に対して扱います。

記事を始める前に

この記事を見る前に、まず、Pycharmのインストールする必要があります。インストール方法に関してはこちらの記事を参考にしてください。

Pycharmの使い方

ファイルに61だけ書いてPythonで実行して見ましょう。多分、そのファイルは実行されるが何も表示されないと思います。インタープリタではなく通常のPythonプログラムは「61」という文字を表示するために次のようにprint関数が必要です。

print(61)

このようにインタープリタでは通るものが普通のPythonプログラムでは通らないものが色々あります。なのでもともとのエディタを使ってPythonの感覚をなんとなく感じる必要があると、私は思います!

それではPythonプログラムファイルを作って実行してみましょう

  • PyCharmを開きます。
  • 開いた画面でCreate New Projectをクリックして新しいプロジェクトフォルダを生成します。
  • PyCharmではライブラリのロードと一緒にプロジェクトを生成します。
  • ロードが終わったら生成したプロジェクトフォルダ(私の場合はPythonProjectフォルダですね)を右クリックした後「New」ー「PythonFile」をクリックします。
  • ファイルの名前を61.pyに指定してPython Fileを生成します。
  • ファイルが生成されたら以下のように、そのファイルには「print(61)」というコードを入力してみましょう。
  • その後、「61.py」ファイルの実行のため「61.py」を右クリックしてRun ‘61’を実行してあげましょう。
  • とすると下のコンソールブロックに「61」という文字が現れるのをかくにんできます。
*Tip.その後、ファイルの中身を変更して新しいソースを実行する場合右上の矢印を押して頂くと、簡単に実行する事ができます。

皆さんも頑張ってありがとうございます!次のコースのPyの成分が解禁されました!

入門Python3