記事の紹介

この記事では開発の準備に対して扱います。

開発に必要なもの

開発環境はPleiades(プレアデス)というソフトウェアをインストールすればすべて揃います。Pleiadesとは、統合開発環境Eclipse(イクリプス)に、開発に便利な機能(プラグイン)を加え、さらにWebアプリケーションサーバ「Apache Tomcat」をせっとしたものです。

統合開発環境」とは、エディタと開発にかかわるツールを統合したものです。IDE(Integrated Development Environment)とも呼ばれます。そして、開発現場でよく使用される体表的な開発環境が「Eclipse」です。

簡単に出来るJSP開発環境

必要なものがわかったところで実際につかものを見ていきましょう。まず、以下の事達を行てください。

動的 Webプロジェクトの作成方法

  • Eclipseの起動(Eclipseはeclipseフォルダのeclipseを実行してください)
  • 新規」ー「その他」を選択してください。
  • プロジェクト生成ウィンドウが開かれたら「Web」ー「動的WebProject」を選択してください。
  • プロジェクトの名前を設定とターゲット・ランタイムがちゃんとTomcatになってるかを確認して完了を押して完了を押したら動的Webプロジェクトの生成が完了されます。
私の場合はプロジェクト名を”Study”と名づけました

JavaEEの設定方法

  • 先ず、②のところを押してペースペクティブを開くウィンドウを開いてください。そこで、JavaEEを選択した後「開く」を押してください。
上記のイメージで①のところがJavaではなくJavaEEになってる方はここを省略してもかまいません。
  • JavaEEを選択した後「開く」を押してください。
  • 最後に「Java」が「JavaEE」になってることを確認することが出来ます。
右上のところがJavaではなくJava EEになりましたね!

ローカルサーバの構築&起動方法

  • 下段のプロパティーウィンドウからサーバタブをクリックします。
  • 下段のハイパーリンクをクリックしてサーバ生成画面を開きます。
  • サーバと名前を付けた後に完了を押します。
私の場合は以下のような設定にしました。
  • 以下のように自分が作ったプロジェクトの上にサーバフォルダが生成されたことが確認できます。
私の場合はプロジェクト名がStudyとなってます。
  • 下段のプロパティのサーバタブに戻ってサーバを右クリックして、開始をクリックします。
  • 以下のように、サーバの起動を確認出来たら完了です。

まとめ

以下の画像でチェックすべきことをまとめて見ました。確認が終わったら次の記事に進んでも結構です。

入門JSP-Webの仕組み

Webの仕組み-(1)-Webページを公開するに当たって
Webの仕組み-(2)-Webを支える通信の仕組み
Webの仕組み-(3)-Webアプリケーションの仕組み
・Webの仕組み-(4)-開発の準備
Webの仕組み-(5)- 開発環境を体験する