プログラミングは難しい?とんでもない

人は誰でも始まる前に迷います。勉強だろうが何だろうが。

プログラミングの話をする前に、まず、卵焼き作りをする時に卵焼きのレシピを見てましょう。

  • 卵ー4個
  • ラカントー5T
  • ミリンー1T
  • 醤油ー1/2t
  • サラダ油ー3T

料理をしない人でも、これはレシピだという事がわかると思います。しかし、料理を全然知らない人は「Tやtは何を意味するんだ?」や「ラカントって何の食べ物何だろう?」などの疑問をもつはずです。次はあるプログラミングのレシピを見ましょう

#include <stdio.h>
 
int main(int argc, char *args[]) {
    printf("Hello, world.\n");
    return 0;
}

上記に表示されたのはC言語で書いたコンソール画面に「Hello World!」と表示させるためのプログラミングのレシピです。プログラマー開発者は、このレシピプログラミングソースソースコードなどとよんでます。

プログラミングの特徴

物事には全て似た特徴がある。料理だろうが、開発だろうが

まずは、料理レシピの特徴から見てみましょう。

  • 単語、略語、記号といった語彙がきまっている。よくわかるものもあれば、よくわからない謎にかんじるものもある。
  • 何をどこで言うかについてのきまりである構文規則がある
  • 実行すべきことが順に並べられている。
  • たとえば鮭の裏表を焼く作業のように、時に同じ作業の繰り返し(ループ)がある
  • ときどき、なんらかの作業の参照が含まれる(コンピュータの用語では関数(function)と呼ばれる)
  • 内容についてある程度の知識があることを前提としている。例えば、ゆで卵のレシピだと「水とは何」や「水を沸かすにはどうすればいいか」などは前提となっている。
  • 期待される結果がある。例えば、料理のレシピだと「おいしい料理を完成する」と言う結果を期待する

今挙げた特徴は、驚くことに、すべてコンピュータプログラムにも当てはまります。このようにパンのレシピを持ち出したのは、プログラミングはそこまで神秘的だったり、専門的ではないということを示すためです。普通の人は「ただ難しいそう」、「良くわからない」、「難し語彙が多すぎる」などの理由で「プログラミングは難しい」思いがちです。しかし、プログラミングは料理のレシピやニットパターンのように、「正しい言葉」と「規則」を学ぶだけです。

このブログの活用方法

沢山遊んでください!プログラミングで!

このブログでは、初めてプログラミングを始める方から始め一人でプログラミングで何かを作るまでの知識を乗せるためのブログです。
どの様な人も料理を始めた途端から「黒トリュフを使ったパスタ料理のレシピ」とか差し出されたら、上記のように「難しそう」、「良くわからない」などの理由で「料理を趣味にするのは難しい」と思うはずです。なのでほとんどの人は「目玉焼き」や「みそ汁」のように簡単に作れる家庭食から始まると思います。
このブログでも最初から「3Dワールドを走りまわるかっこいいゲーム」や「人工知能を使った画像認識」のソースを差し出したりしません。先ず、簡単に画面に「文字を表示させる」や「入力した文字を表示させるというところから始めようと思います。なので、知らない単語があったらコメントやメールで聞いてくれたら親切にプログラミングのレシピを説明しますので思う存分プログラミング料理を楽しんでください!